« 公図がだめなら地積測量図 | トップページ | 建売会社と建築中の建売物件の調査結果良好 »

2006/12/15

プリンタのしつこい不調が電源プラグ抜き差しで回復

 インクジェットプリンタというのは、印刷をしなくてもインク残量が減っていきます。メーカの陰謀なのか?

 きょうはインクジェットプリンタのカラーインクを交換したら、まだインクが残っていた黒インクが「無くなった」というアラームが点灯してプリンタが動かなくなりました。
 仕方なく黒インクを交換しましたが、アラームが消えません。接触不良なのかとインク容器とプリンタの電極を磨いたり、電源を切ったり入れたりしてみましたが、状況は変化無し。
 え~!!プリンタなんぞ買いたくないなー、と思いながらしばらく様子を見ていましたが、変化なし。

 最後に、電源プラグを抜いてみようと思いつき、プリンタ電源を切って電源プラグを抜き差ししてみました。そして電源スイッチオン。結果、訳は分かりませんが見事回復しました。制御回路のリセットは電源スイッチだけではだめな品種があるのかも知れません。

 手持ちのプリンタはエプソンのPM800Cという6~7年前の機種です。

|

« 公図がだめなら地積測量図 | トップページ | 建売会社と建築中の建売物件の調査結果良好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78586/13063511

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタのしつこい不調が電源プラグ抜き差しで回復:

« 公図がだめなら地積測量図 | トップページ | 建売会社と建築中の建売物件の調査結果良好 »