« 2006年7月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/09/22

秋刀魚焼き器でさばを焼いてみる

 昨日の「秋刀魚焼き器」で、さばを焼いてみました。

 「秋刀魚焼き器」と呼んでいますが、実は「フィッシュロースタ」という商品名です。性能も、「煙、臭いを90%除去」とうたっています。

 松下電器の名誉のために書いておきますが、煙は90%以上除去していると思います。臭いは90%の測定が難しいのですが、煙に臭いがくっ付いていると仮定するならば、煙の除去状況から、嘘はついていないと言えます。
 焼き加減も自動感知する仕組みが付いており、仕上がりがなんとも言えず、良い感じ。

 使い方は、昨日の秋刀魚で勉強しましたので、きょうは戸惑うことなく使えました。さばの
焼き加減も絶妙かも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋刀魚の季節 騙されたかな?

 ずいぶん久しぶりに書き込みます。書き込み方を忘れてしまいそう。

 さて、秋刀魚の香りが漂う季節。我家も秋刀魚でも食べようかと思って、秋刀魚を焼く道具を購入することにしました。しかし、秋刀魚を焼くと臭いが残る。それはちょっと嫌だなと思う。

 インタネットで少し探してみますと、Amazonは、機器の分解掃除の簡単さを強調したメンテナンス簡単タイプを売り込んでいます。体験談は掃除が簡単という。うーむ、まんまとはまっている。

 思ったようなものが見当たらりませんので、我がインタネットプロバイダのニフティを探してみました。おおー。あるではないか、臭い除去率90%。松下電器の高級(?)秋刀魚焼き器。

 さっそく発注。到着。
 近所のスーパで秋刀魚を調達。さあ、焼くぞーい。秋刀魚を並べて焼く。じわじわと臭いが漂う。んっ!!臭い除去してるのか?? それにしても、「90%除去」の意味が良く分からん。多分、機能しているんだろうと思い込む。

 その内焼き上がり、除臭ファンも止まる。そして、煙が秋刀魚焼き器の入口から漏れ出す。部屋は秋刀魚の臭いで充満。あわてて換気扇を回す。

 騙されたなあとは思いつつ、秋刀魚の旨さに、文句は言わない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年12月 »